ストレスが原因で偏頭痛になり、セロトニンを補う薬で改善(20代女性)

私が偏頭痛になったのは、かれこれ3年前です。

きっかけは結婚をきっかけとした生活環境の変化のストレスからです。

慣れない生活のストレス?救急車で運ばれて偏頭痛診断

一人暮らしを経験したことのないまま結婚して、実家を離れ、はじめて一人で家事をこなさなければいけなくなりました。

慣れない土地で、知り合いはおらず頼れる人もいないという状況でした。

そんなある日、目の奥からズキンズキンと、脈打つような強烈な痛みが始まりました。

経験した事のない痛みで、吐いてしまい、救急車を呼ぶことになりました。

運ばれた病院での診断の結果は偏頭痛でした。点滴をしてもらい、その日は良くなりました。

しかし、それから月に5回程度は偏頭痛で苦しむようになり、毎回、目の奥から脈打つ痛みで目が開けられなくなります。

2時間寝込んで治る時もあれば、一日寝込まないと治らない時もありました。

妊娠中も2回ほど偏頭痛で苦しみましたが、その時は、薬が飲めず辛かったです。

2年経って頭痛専門クリニックでさらに詳しく診断

偏頭痛を発症して2年経とうとしたある日、助産師さんから「有名な頭痛専門クリニックがある」と教えてもらい、予約をしてすぐ行きました。

その病院は、心療内科もあり、頭痛の起こる日や時間帯、ストレス具合や月経時の頭痛の有無、天気など、色々と細かく聞かれました。

そして、やはりそこでも偏頭痛と診断されました。

偏頭痛を引き起こす原因は、天気・ストレス・肩凝りだろうと言われました。

確かに、私には、慢性の肩凝りがあり、血行が滞りがちです。天気が悪いと肩凝りも酷くなり、それと平行して、頭痛が起こります。

でも、私の場合、頭痛を引き起こす最大の原因はストレスとのことです。

確かに、慣れない育児でいっぱいいっぱいになり、自分の時間も全くない日々に追われ、睡眠もろくにとれてない、という状態になった頃から偏頭痛が頻繁に起こるようになっていました。

また、それとは別に、偏頭痛の起こる人は、生まれつきセロトニンが不足しているからだといも言われました。

セロトニンが少ないと、血管に炎症が起き、痛みを発症してしまうのだそうです。なので、病院でセロトニンを補う薬を出していただき、ストレスを解消するように言われました。

それから、私は時々旦那に子供を預けて気分転換に買い物へ出掛けたり、軽い運動を取り入れて全身の血流を良くするようにしました。

そうすると、偏頭痛はぐっと減り、ストレスも以前より軽くなって、良く眠れるようになりました。

肩凝りはまだ全然解消されてませんが、出来るときに運動をして、上手に偏頭痛と付き合っていこうと思います。