偏頭痛の引き金を極力排除し、偏頭痛が起きたらアマージで抑える(30代女性)

私の場合、「偏頭痛」と診断されたのが30歳になる手前で、頭痛が始まった学生時代(10代後半)から偏頭痛と判明するまでにかなりの時間を要しました。

今、私が行っている偏頭痛の対処方法を紹介します。

アマージを処方された経緯と偏頭痛の引き金を排除する方法

病院で偏頭痛の薬「アマージ」を処方されるまで

もともとは、高校時代、雨の降る前などの低気圧がきっかけで始まったと思います。

「頭が重いな〜」から始まり、次第に痛み方が「ズキズキ」に変わり、だんだんと激しさを増す頭痛でした。

年齢を重ねるにつれ、徐々に我慢できない痛みへと悪化していき、20歳を過ぎる頃には市販の鎮痛薬を常時利用するようになってました。

市販薬はバファリンやリングルアイビーを飲んでいましたが、ほとんど効かない状態になり、「さすがにこれはちょっと異常じゃないか?」と感じ始め、20代後半で病院を受診してみました。

近くの内科に行ってまず言われたのは「市販薬じゃ効かないよ」という一言でした。

そして処方されたのは偏頭痛の専用薬の「アマージ」。

偏頭痛の原因である脳の血管の拡張を鎮める薬ということで、頭痛が始まったと思ったらすぐに飲むように言われました。

薬は効きました。

頭痛の引き金の分析して、対策するようにした

また同時に、頭痛を引き起こしている原因は何か、注意深く分析してみました。

まず、当時の仕事が生活習慣が乱れやすい内容で、ストレスが多いことが原因ではないかと思いました。

他にも、天候が変わる時や、気温差が激しい時、身体の変化が(生理前など)伴う時、などに激しい頭痛が起こります。

また、アルコール(赤ワインが特に)も頭痛を誘因するいう事もわかりました。

そこで、働く環境については改善し、自分ではコントロールしづらい天候や気温については、頭痛が起きそうな天候の時はなるべくゆったりめの服を着る、寒暖差が激しい時は帽子をかぶる(寒いと頭痛が起こりやすいらしいので)、などの工夫をするようになりました。また、アルコールは控えめにしています。

それでも、どうしても薬(アマージ)を必要とすることはありますが、何の対策もしていなかった頃に比べると、確実に薬を使う頻度は減り、偏頭痛と上手く付き合えていると思います。

あまり効かない市販薬でずっと痛みを繰り返すより、はやめに病院にいって適切な処置を受け、頭痛を正しく理解し対策を講じる、というのが一番の近道といえると思いました。